ユニバーサル
no: 2
name: ユニバーサル
year:
size_w: 130
size_d: 310
size_h: 300
weight: 8.5
lenz: レンズ無し状態
comment:
ユニバーサル 1906年(明治39年)年代初期から木製長方形200feet容量のカメラとして登場。アメリカ、パーク・エンド・ジエィムス社/ユニバーサル・カメラ部製で単一レンズ交換式、シャッター開角度可変。ボデーのハンド・クランク脇にある小窓を覗いてフィルム像が見られる。1910年(明治43年)に他メーカーに先がけて総金属ボディに改め、フィルム容量を400feetとしレンズ下方で、外よりフィルムへパンチが打てる。現像の時の印として使う。この展示カメラは日露戦争に従軍し、藤原幸三郎カメラマンにより映画記録されました。 
memo:
UNIVERSAL CAMERA MODEL A

fig1: 前方全体 A-2-02

fig2: 後方全体 A-2-03

fig3: キャメラ内部 A-2-04

fig4: 直視眼ファインダー A-2-002

前へ戻る